講師紹介

   
Kenz(高橋ケンジ) 
担当:ボーカル
子供の頃深夜映画で見たブルースブラザーズに強烈な印象を受け、4歳よりエレクトーン、中学高校時代は教会でゴスペルバンドい励み、主にゴスペル・ロックに親しんだ。 20代では教会音楽や聖歌隊指導も学び、Ronnie Rucker氏のGospel Worlshop参加・長野での企画経験も経験。30代は長野でのロックバンドLOASTARKでVocalとしてライブ活動を行う。「歌うことは神の与えた最高の楽器」との信念を持っている
藤巻良康(ふじまき よしやす) 
担当:ベース
大学在学中よりジャスベーシストのキャリアを積む。
納浩一、斉藤’クジラ’誠、樋沢達彦 各氏に師事。
海外での演奏活動を経て、現在は首都圏、県内に活躍中。
Sue(すぅ) 
担当:ボーカル
6歳からはじめたエレクトーンをきっかけに、以後、ジャンルを問わず音楽に親しみ、吹奏楽団・アマチュアオーケストラなどでアンサンブル感覚を身につける。2012年から定期的に渡米し、シアトル在住のGreta Matassa氏に師事。北信を中心にイベント出演・ライブ活動のほか、ボーカル講師としての活動も行う。
堀内実智代(ほりうち みちよ) 
担当:ボーカル
07年地元で行なわれたトップギャランコンサートの前座を務めたのをきっかけに少しずつライブ活動を開始。2012年 第7回さいたま新都心 JAZZ VOCAL CONTEST 準グランプリ。 2010年第11回神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト、及び第30回浅草ジャズコンテスト本選出場。現在は地元、都内にて活動を行う。
久野香代子(くの かよこ)  
担当:ポピュラーピアノ
ポピュラーピアノ、ジャズピアノは田辺俊興氏・Gee2wo氏に師事。
ブライダルプレイヤーとしての長年のキャリアを持ち、ピアノトリオ、ビッグバンドなど様々な活動を行っている。
小林マコト(こばやし まこと)  
担当:ギター
大学時代より、秋山一将、大出元信(ネイティブサン)両氏にギター、土岐英史にアンサンブルを師事。
現在、北信、東信地方を中心にライブ活動を行っている。
  青木秀樹(あおきひでき)  
担当:ソングライター、ギター
長野市出身。1990年カブキロックスのギタリストとしてメジャーデビュー。有線放送大賞新人賞、東京音楽祭世界大会日本代表、海外公演、映画出演等、各方面に話題を提供。現在カブキロックスの他、LoveMeDo、作曲作詞家としても活動中。
和田潔(わだきよし)
担当:エレキギター
東京にて1987年にブルースバンドでメジャーデビュー。その後、数々のレコーディング、アーティストサポート活動を続ける。(ダイヤモンド☆ユカイ  生沢佑一 斉藤哲雄etc)デビュー前のT-BOLANにも一時在籍。現在は後進の指導に意欲を燃やす  
Gee2wo(じーつー) 
担当:ジャズピアノ、ドラム、パーカッション、ソングライター
キーボーディストとして国内外での演奏活動を行う。その他、西アジア、中東への放浪の旅で多種多様の楽器(特にパーカッション)を極め、現在は長野を拠点に活動中。
関昌夫(せき まさお)    
担当:ウクレレ
アイミュージックスクール代表。
「音楽は一生続けられ、やればやるほど力が蓄積される『生涯の友』。
その音楽の裾野をもっともっと広げたい」と、2007年5月、アイミュージックスクールを開設。
音楽の楽しさ、喜びを実感できるオーダーメイドレッスンを他講師ともども実践中
塩津知広 塩津知広(しおつ ともひろ) 
担当:ドラム
ドラム講師として20年以上のキャリアを積む。指導とともに精力的に普及活動と演奏活動も行っている。世界中の打楽器を使ってその場のみんなのチカラで即興演奏を促す"ドラムサークル・ファシリテーター"としても活動中。
渡辺幸絵
担当 : フルート
12歳でフルートを始め、20歳で渡欧し本場の音楽表現を学ぶ。これまでに、堀井恵、虎谷朋子、故・岩村芳衣の各氏に師事。国内外の音楽祭や講習会、マスタークラスの受講を通し研鑽を積む。
現在はフルートで歌う楽しみを伝えるべく、フルート講師として活動しています。オカリナ・ピッコロのレッスンもいたします。

藤澤聡子
担当 : サックス
国立音楽大学卒業。 オリジナル曲「ありがとう」が、ホクト株式会社のラジオCMに、 「弾む」がアウトドアフェスティバルのテーマ曲に採用される。 東部文化ホールにてソロホールライブを開催。 NHK「ひるとくテレビ プラザN」、TSB「ゆうがたGet!」、SBCラジオミールケPRESENTS 大人音楽倶楽部等に出演。 松山三四六のコンサートツアーに参加。 現在、親子で聴けるライブ「親子de Music cafe」を毎月開催。 ~あなたの街の身近な音楽~ミヂカ*ムジカシリーズを定期的に開催。
miyu*
担当 : ボーカル
音大卒業後、県内各地で数々のオペラ公演に出演し好評を博すほか「第九」やミサ曲のソリストとしても演奏。 現在はジャンルをクラシックに限定せず、ヴォーカリストまたヴォイストレーナーとして県内外で活動中。
~笑顔と花と音楽と~をテーマとして誰もが楽しめるコンサートやライブを開催するなど各地で「歌うことの楽しさ」を伝える活動をしている。
古畑雅樹
担当 : ドラムス
国立音楽大学卒業。 9歳の頃ドラムセットを初めて見て衝撃を受け10歳でブラスバンドのドラムス担当になったことをきっかけに11歳から中学三年までヤマハでドラムを習い始める。15歳からドラマーの表直史氏に師事し三年間ルーディメントやジャズやラテンを学び、18歳に甲陽音楽学院に入学。もんた&ブラザーズのブレイシーのローディーで音楽の仕事の現場を学ぶ。
「音楽を通して上達する事の喜びや新しい事を学ぶ楽しさを体験して貰いたいです。」